Mikumi National Park  Japanese Dutch English

ミクミ国立公園

厚い霧の渦が夜明けの進む空を覆っています。やがて太陽の光が一筋雲間から射し、さざ波がたっているかのように平原を覆う柔らかな草を黄褐色の光の色に染めます。シマウマの群れが、捕食動物がうろつく時間帯であるにもかかわらず、擬態(カモフラージュ)に自信を持っているのか、バレリーナのようにポーズを取り、頭を一列に並べ、体の縞模様が流れるように見えるほど優雅に歩いていきます。

 ミクミ国立公園は、アフリカ最大の動物保護区であるセルースの北側の境界に接しており、ダルエスサラームとイリンガを結ぶ舗装道路が公園内を横断しています。そのため、東端はインド洋にも及ぶ程である、75,000平方キロメートル(47,000平方マイル)もの手付かずの自然の中でも一番アクセスしやすい場所にあります。

 開けた地平線と野生動物が満ち溢れるムカタ氾濫原(Mkata Fladplain)は、ミクミ国立公園の人気のスポットで、有名なセレンゲティ平原にも匹敵するとよく言われます。

 ライオンはシロアリ塚の上にのぼり、眼下に広がる草の平原を見下ろし、平原を横切り移動していくシマウマ、ウィルドビースト、インパラ、バッファローの群れを眺めていますが、雨季の季節には、時々高い木の上から見下ろしていることもあります。キリン達は、ムカタ河のへりに一本ぽつりと生えているアカシアの木の葉を食み、ミクミに生息するゾウのはその河の中洲の影に憩います。

 サファリ専用の道が周到に敷設されたムカタ氾濫原は、タンザニアで最も確実に、力強いエランド、世界最大のアンテローペを見ることができる場所かも知れません。それらと同じくらい印象深い動物達、大型クーズーとセーブル・アンテロープは、公園の境から隆起している山地のふもとの丘に広がるミオンボの林によく出没します。

 400種以上の鳥類が記録されており、その中には、薄紫の胸毛をもつRoller(ローラ・カナリア)、黄色いのどをしたツメナガタヒバリ、ダルマワシといった定住性の色鮮やかな鳥たちに加え、雨季にヨーロッパからの大群を率いて到来する渡り鳥も含まれます。公園のメインゲートから5キロ北にある二つの水溜りでは、鳥たちが群れの形を変えながら飛び交う側で見られるカバが一番人気のアトラクションです。

 ミクミ国立公園について

広さ:3230平方キロメートル(1250平方マイル)、タンザニアで4番目に大きい公園で、他に類を見ないほど巨大なセルース猟獣保護区を中心とする広い生態系の一部を構成しています。

場所:ダルエスサラームの西283キロ(175マイル)、セルースの北部に位置し、ルアハ(Ruaha)とウスングワ(Udzungwa)へ道が続いています。カタヴィ(Katavi)へのルートは勇敢な旅行者向けです。

 

Kilimanjaro Route

* Machame Route
* Marangu Route
* Umbwe Route
* Lemosho Route
 

Safari Game Drive

*Arusha National Park
* Serengeti National Park
* Ngorongoro Conservation
* Tarangire National Park
* Manyara National Park
* Mikumi National Park
* Selous national park
* Mkomazi national park

 

  2012 Kilimanjaro-Kizimba Expeditions Ltd. All Rights Reserved.