Arusha National Park  Japanese Dutch English

アルーシャ国立公園

アルーシャ国立公園は、328.4キロメートルにも及ぶ面積を持ち、間近で見ることにできる動物の種類もバラエティに富んでいることで知られています。この公園はモシ・タウンやアルーシャ市から大変近いため、例えばセミナーやワークショップ、ビジネスが目的の訪問者にも理想的な日帰り旅行の目的地としてお勧めします。またメル山が本公園内に位置しています。


Park history
 公園の歴史
1876年にハンガリー人のテレキ伯爵がモメッロ(Momella地区)を訪れ、膨大な数のカバとサイを目撃したと記録を残しています。その後残念なことにそれらの動物は公園からいなくなります。1907年にトラップ(Trappe)家がモメッラ地区に農場を開くために入植し、現在の公園に相当する広大な土地を放牧場として使っていました。トラップ夫人は東アフリカで初めての女性職業ハンターとなったのでした。次のスポットは、アルーシャ国立公園の中で訪れる価値のあるスポットです。

Serengeti Ndogo
 セレンゲティ・ンドゴ
「リトル・セレンゲティ」とは、開けた草地のことで、そこでは、バッファロー、イボイノシシ、シマウマ、ウォーターバック、キリンなどさまざまな動物達を数多く簡単に見ることが出来ます。

Ngurdoto Museum ングルドト美術館
この美術館は公園内に位置し、動物と鳥類の剥製と昆虫の標本をご覧になることが出来ます。また美術館の建物からは、コロブスの生息地であるングルドトの自然森林を見渡すことが出来ます。ングルドトの森には幅広い種類の動植物が存在しています。野生のマンゴーやキョウチクトウ科の花の一種である
tabernae montana usambarensisなどの優占種には、識別するためにラベルがつけられているものもあります。それ以外にもbersama abyssinicaRaulfiaCape oliveなどと言った植物がここでは自生しており、これらはほんの一例に過ぎません。

Ngordoto crater
 ングルドト・クレーター
現在ングルドト火山は死火山ですが、現在のクレターターが梨型の形状をしていることから、活動期の最後には二つの火山円錐丘が寄り添ってそびえたっていたことが推測されます。二つの火山円錐丘の下にある溶岩が地中深く引き込まれたせいで、その二つは支えを無くしてしまい現在の形に崩壊してしまったのです。

 

Kilimanjaro Route

* Machame Route
* Marangu Route
* Umbwe Route
* Lemosho Route
 

Safari Game Drive

*Arusha National Park
* Serengeti National Park
* Ngorongoro Conservation
* Tarangire National Park
* Manyara National Park
* Mikumi National Park
* Selous national park
* Mkomazi national park

 

  2012 Kilimanjaro-Kizimba Expeditions Ltd. All Rights Reserved.