Lake Manyara National Park  Japanese Dutch English

マニャラ湖国立公園

マニャラ湖国立公園は330平方キロ(127マイル平方)の広さを持ち、タンザニア北部に位置します。水面が十分になったときに湖となります。公園のエントランスゲートは、時速126キロ(80マイル)で1時間半ほど新しく舗装された道路をアルーシャから西へ進んだところにあり、さまざまな部族の市が立つムトゥワムブ(Mto wa Mbu)も近接しています。

マニャラ湖で動物を見ながらの周遊旅行では、タンザニアのサファリ体験の縮図が体験できます。エントランスゲートからは、道路が曲がりくねりながらうっそうとしたジャングルのような沼地の森の中を続いていますが、その森の中では百頭強のバブーンの群れが道路わきをのんびり歩き、古いマホガニーの木々の間をブルーモンキーが敏捷に走り回り、優雅なブッシュバックが木陰を用心深く歩み、巨大なサイチョウが高い林冠(森の上層部)で耳障りな声で鳴いています。森の中では木々がおおい茂っているのと対照的に、草に覆われた氾濫原は東に視界が開けており、アルカリ湖を超えて、果てしなく続くマサイ・ステップの向こうに火山の青い峰がそびえている風景を見ることができます。

 大型バッファロー、ウィルドビースト、シマウマや、キリンなどの群れがこれらの草地に集まりますが、体の色が暗い動物の群れなどは遠くから見ると黒い塊のように見えます。氾濫原から内陸に入り、アカシアの林が細いベルト状に連なる地域は、マニャラの伝説的な動物、木登りライオンや立派な牙をもつゾウといった動物が頻繁に出没する場所です。シマ・マングースの大群がアカシアの木々の間をすばやく動き、小型のディクディクが木陰をゆっくり移動し、イワトビレイヨウの影が岩場の上で跳ねています。公園の南端の湖岸に隣接する野では湯気を上げあぶくを上げる温泉があります。

 

マニャラを訪れることは、タンザニアの鳥類についてのその概要を知ることが出来るこの上ないチャンスです。400種以上が記録されており、初めてアフリカを訪れる方でも一日で100種以上の鳥を観察することは、それほど珍しいことではありません。絶え間なく移動を続けるピンク・フラミンゴの大群と、ペリカンや鵜科の鳥、コウノトリといった大型水鳥は圧巻です。

 マサイ族は、ケニアとタンザニアにまたがる半乾燥地の大地溝地方に住んでいます。彼らは多くの牛、羊、山羊などの家畜を飼っており、季節ごとに新しい放牧地と水場を求めて移動しています。伝統的にマサイ族は誇り高い自立した部族です。彼らは土地を耕作せず、周りで行われているような貨幣経済に依存することなく、家畜から得られる血と乳と肉を食べて生きてきました。マサイ族では家畜が中心的な役割を担っています。家畜は食物と権力の象徴であり、家畜を多く持っている者はより豊かで、それゆえに部族内でも権力と大きな影響力を持つことになるのです。

 近年マサイ族は以前に比べさまざまな食物を食べるようになって来ました。というのも、減少の一途をたどる土地に定住を余儀なくされ、定住性の生活様式に適応せざるを得なくなり、いくつかのケースでは食物を栽培したり栽培した食べ物を購入したりもしています。マサイ族には土地を耕す人々を常に見下してきた歴史があります。耕作をすることで放牧地が損なわれてしまうからです。特にここ30年の間にマサイ族の生活様式が変化してきている一方で、彼らの強い社会的伝統は損なわれないまま残っています。マサイ族の男子は、何よりもまず戦士であり、部族と家畜そして放牧地を守っているのです。

通常6フィートを越す身長のマサイの戦士が、髪をビーズで飾り、赤いチェックのマントを羽織、棍棒を手にした姿は猛々しくまた同時に美しくもあります。マサイの男子は14歳になると割礼を受け、自分の村から遠く離れた場所で8年間も家畜を世話して暮らすのが伝統です。彼らは村に帰ると戦士になり結婚します。マサイ族の女子はすべての家事を担っており、その中には家を作ることも含まれています。家は泥、小枝、草、牛糞、牛の尿で出来ています。それ以外にも、牛の乳搾り、水汲み(重く骨の折れる作業です)、料理、子供の世話も彼女たちの仕事です。マサイの女性は男性と同様印象的な姿をしています。

 

Kilimanjaro Route

* Machame Route
* Marangu Route
* Umbwe Route
* Lemosho Route
 

Safari Game Drive

*Arusha National Park
* Serengeti National Park
* Ngorongoro Conservation
* Tarangire National Park
* Manyara National Park
* Mikumi National Park
* Selous national park
* Mkomazi national park

 

  2012 Kilimanjaro-Kizimba Expeditions Ltd. All Rights Reserved.